​漆と和紙のシリーズのこと

IMG_4119.jpg
IMG_4126.jpg
​ふじい製作所では、木と漆を使ったものづくりをしていますが、本体に木を用いず、漆と和紙と麻布で形作ることにも取り組んでいます。
のり漆を染み込ませた和紙や麻布を、型に幾重にも貼り重ねて形作っていき、適度な厚みになったら型から外し、形を整え、漆で仕上げます。この技法は、乾漆と呼ばれるものですが、ふじい製作所では、漆と和紙と呼んでいます。本体を構成する材料は、漆・和紙・麻布・上新粉。柔軟な和紙や麻布を用いることで、新たな表現にも挑戦していきます。

 
ペントレー
十六角盆4.jpg
カードトレー
本体の厚みは、1mm~2.5mmほど。軽く、柔らかい表情の中に、漆の強さも感じられます。
​これから、少しずつですが、作品の紹介を予定しています。
​*一点ずつ手作りのため、サイズは目安としてください
​*作品の仕様や価格は、予告なく変更する場合があります